教育について

教育

以上の活動を通して、生きる力となる意欲・集中力・感性が育つよう
各年齢や個人の発達状況に応じて、
保育内容を年少・年中・年長と段階的に計画し実行しています。

~田中学園では全職員で全員児を見ています~

ママさん先生からパワーあふれる若い先生、
そしてベテランの先生など
沢山の先生でお子さんの成長を見守っていきます。

体づくり

運動あそび

効果は運動面だけではありません
あらゆる面で子供がいきいきと輝いています。

子供を取り巻く環境が変化してきて、体を動かす量が減り、体力低下が気になっています。
そこで園では、進んで体を動かすことが出来るよう
意識して運動の機会を取り入れています。

運動
運動

SIあそび(知能あそび)※年少さんから

柔軟な発想と応用力に富んだ子に

頭づくり

アメリカのギルフォード博士が、子どもの意欲を育てるということに重点を置いた知能遊びです。できるかどうかという「結果」より、子ども達がどう取り組んでいくかという「過程」を大切に考え、子ども達の意欲に働きかけています。週1回、毎回違うバラエティに富んだ教材に楽しく取り組んでいます。

英会話(年長)

年長組になると年間40時間の保育の一環として、英会話教室があります。
外国人講師を迎え、英語を使ったゲームやダンスで自然と耳から入り、英語の楽しさを味わいます。※発表の場として、お遊戯会で英語の歌を歌います。

頭づくり
頭づくり

文字あそび

頭づくり

文字を書くまでには、言葉を聞く→話す→文字の形を認知する(文字を読む)→文字を書くという過程があります。
それぞれの段階にあった様々な遊び(絵本の読み聞かせ・カルタ遊び・線遊び・点つなぎ・絵描き歌など)を工夫し、 文字に興味を持ち文字を書く為の基礎能力を身に付けてもらいたいと思っています。

フラッシュカード

身近なものの図鑑カードを使って、名前を覚え読むことで、言葉への関心が高まったり、ものそのものに興味や関心を持ち、生活知識を広げたりします。
また、朝や帰りの集まりの際に、短時間で素早くカードをめくることで、集中力を高める意味にもとても効果的です。

心づくり

音楽あそび

聴く耳そして集中力・心地よい感覚が育つ

  • ● 何が出てくるか ドキドキできるような楽しみ
  • ● 何かが出来るようになった喜び
  • ● より上手になりたい気持ち
  • ● 上手に出来るようになったうれしさ・楽しさを人にも伝えたくなる気持ち
  • ● そしてみんなの気持ちが合う喜び・分かち合う喜び
  • そんな感覚を知って欲しいと思っています。
こころづくり

全身を使ってのリズム遊びからリズム楽器へと発展し、
年中組からはメロディ楽器(ピアニカ)にも取り組みます。
※発表の場として運動会・お遊戯会・器楽発表会があります。

造形遊び

のり・はさみといった道具を使って、基本的な手法で楽しむところから始め、徐々に色々な技法に挑戦していきます。子供達の自由な発想を大切にし、個性を表現出来る場の1つとして取り組んでいます。

造形遊び
造形遊び

ごっこ遊び

お母さんごっこ・色々なお店やお仕事ごっこ・幼稚園ごっこなどのまねっこ遊びを通し、思いやりの心や色々な仕事への興味等を身近に感じられる様に働きかけています。

当番活動

自分の意見が人前で言えたり、自分の事だけでなく人のために働くことが出来たりする経験を通して、大きな自信へつなげます。

異年齢児との交流会

年下の子が年上の子に憧れ、真似て遊ぶ姿や、年上の子が年下の子にさりげなく手伝う姿が自然と行なえる機会を定期的に持っています。

課外教室について

希望者は有料で、保育終了後に引き続き園内で受けられます。

音楽教室

〈河合楽器〉 毎週火曜

英会話

〈レイモンド先生〉 毎週火曜

体育教室

〈木下スポーツ〉 毎週火曜

スイミング

〈BSスイミング〉 毎週水曜

学研教室

学研教室(年中)

毎週木曜

学研教室

学研教室(年長)

毎週金曜

※2号認定の方は保育終了後、課外を受けて保育園に戻ります。
※課外終了後は、保護者のお迎えとなります。